FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lou1sgarneau.blog137.fc2.com/tb.php/152-15b9a899

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Tacx Lumos バイシクルライト [購入からレビュー]

Tacx
 ~多くのプロチームから厚い信頼を得ているアクセサリーブランド~

 皆さんの中では「Tacxといえば水色と黒の素敵なローラー台」を想像する方が多いと思います。
Satori-2011-zoom.jpg


ローラー台のほかにもメンテナンススタンドやボトル、ボトルゲージなどを販売しています。
 私もプロチームラボバンクが使用している「Shiva プロチームボトル」を使用しています。

 今回この記事で紹介するのは昨年Twitterで知ったあるパーツです。
 それは Tacx Lumos バイシクルライト です。
Tacx Limos 001

 このアイテムを知った時はまだ日本での取り扱いがされていなく購入することができませんでしたが、自転車情報雑誌『バイシクルクラブ』2012年1月号特別付録の『InterMax 2012』で取り扱い開始しているのを知り早速注文しました。

 価格は2,900円
 私が購入したAmazonさんでは約2,700円。
 


 この Tacx Lumos はドロップハンドルの端、エンド部分に付ける補助ライトです。

 今までもドロップエンドライトなどのエンド部分に取り付ける補助ライトの購入を考えていました。
 自転車に乗車中でも簡単にテールランプをON, OFFをすることができるという点でとても魅力だったのですが、少し物足りなく購入まで至りませんでした。

 たとえば 「Dixna ドロップエンドライト」
Dixna ドロップエンドライト
 とてもシンプルな作りで目立たず、単4電池バッテリーなので、とてもよいのです。
 しかし、スイッチのOn, Offが発光するレンズ部分の押し込みによるもので、Tacx Lumos の上向きスイッチに比べると押しにくいのです。
 Amazonさんのカスターレビューを見てみると「耐水性が低め」、「多方向へ光が漏れる」というレビューもありました。


 対して Tacx Lumos  はどうなのでしょうか?


 取り付け工程がやや複雑ですが、バッテリーが単3バッテリーと長時間使えると予想されます。
 On, Offスイッチが上向きに付けられ、ライトの点灯がしやすくなっています。

 点灯させたライトにさらにスイッチを押すと ウインカー用のオレンジLEDが点滅。
 ウインカーはボタンワンプッシュで10秒間点滅する仕組みとなっているそうです。



 注文してから数日後届きました。
 単三電池を使用するのですが、充電もでき大容量のeneloop proを使用しました。
P1030200.jpg
P1030201.jpg
 付属品はTacx Lumos2つ、説明書、黒いバンド(ハンドルの口径が異なる場合のモノ)、試験用バッテリー(単三電池)、4mmアーレンキー(少しさびています)

 説明書は簡易的なイラストとともにいろんな言語で説明されており、日本語でも簡単な説明文が書かれています。
 動画を一度見た後、そのようにして取り付けます。
P1030205.jpg
 矢印部分を真上にするようにハンドルエンド部分に差し込みます。
 そうすることによりライト部分がしっかりとハンドル下に来ることができます。

 差し込んだ後4mmアーレンキを入れ、奥にあるナットを締めることにより固定されます。
P1030202.jpg
 本体のほうは一度電池を入れて点灯するかチェックしてみましょう。
 Tacx Lumos付属電池はアルカリ・1.5V、LR6、2600mAh。
 電池を射しこんで電源ボタンを一度押すと点灯、さらにもう一度押すとウィンカーが点滅する仕組みになっています。
 ウィンカーはもう一度押すとスグに消灯、または10秒間の点滅後消灯する仕組みです。
 ライトは電源ボタン長押しにより消灯。
P1030206.jpg
 取り付けた後、動作するかどうか確認しました。
 リアライトはレンズ部分がやや膨らんでいるため、サイドからの視認性も少しはあるようです。
 サイドからはザラザラしたレンズを通しているため、柔らかな光となっています。



 ◆ 夜の走行テスト 
 現在自転車には GENTOS SG-325(点灯・フロントライト)、アミューズ・I-201WホワイトLEDライト(点滅・ポジションライト)、アミューズ I-201R レッドLEDライト(点滅・リアライト)を使用しています。
 ここへ今回取り付けた Tacx Lumos を追加し、夜の走行テストを行ってみました。

 ・前からの視認性
P1030225.jpg
 Tacx Lumosのフロントライトが水平に照射するかたちになるため、前からの視認性はとても良いです。
 「自転車が進むために地面を照らすライト」ではなく、「自転車がいますよ!」と場所を知らせるようなポジションライトの役目が大変強く感じられました。
 また、ハンドル取り付け角度が大きく影響すると思われます。

 ・後ろからの視認性
P1030222.jpg
 後ろからの視認性もバッチリですが、ハンドルのサイズを関係して体が大きかったり、足周りに障害となるものを付けていると光が遮られ視認性が低下します。

 ・ウィンカーの視認性
 前からは見えやすく、後ろでは見えにくくなりました。

 前のウィンカーはフロントライトと数ミリの間があり、白いフロントライトが光っても視認することができます。
 しかし後ろはリアライトのすぐ下に付いており、同系統の色なので前に比べて点滅しているのかどうか見分けがつかないことが多いです。


P1030220.jpg
P1030223.jpg

 今回 Tacx Lumos ライトの購入からレビュー(使用1日目)を書かせていただきました。
 ポジションライトとしては視認性が高く、使いやすい点からナイトライダーの方にはオススメの一品だと思います!
 



 ◆リンク
Tacxhttp://www.tacx.com/nl/
Tacx Lumoshttp://tacx2009.ilink2.nl/producten/extras/lumos/index.dot

InterMaxhttp://www.intermax.co.jp/

eneloophttp://panasonic.net/energy/eneloop/jp/
eneloop prohttp://panasonic.net/energy/eneloop/jp/lineup/eneloop_pro/
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lou1sgarneau.blog137.fc2.com/tb.php/152-15b9a899

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

フェズさん

Author:フェズさん
ルイガノ 初心者ロードレーサーにのるフェズさんが送る自転車ブログ「ルイガノたんと共に」

フェズさんのサイクリング日記。
ニコ生自転車部 関西 所属?

◆所有Bike
LOUIS GARNEAU CR23(2010モデル).
GIANT TCR COMPOSITE SE(2011年).

FantasyEarth Zeroブログは
 「もきゅもきゅ FEZ旅♪」
fezccblog.blog53.fc2.com/

Twitter

アクセス カウンター

LINK



SRAM

GIANT

louisgarneau40.jpg

garneau40.jpg



TEAM KEEP LEFT



CYCLE MODE international 2011

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。